こんな悩みはありませんか?

『病気メモ』をつかうと・・・

問診票を書くとき、こどもから目を離す時間が長くなりがち 家庭で記録ノートを印刷して、病院で「詳しい問診票」として提出しましょう。紙なので、病院で書き加えることもできます。
問診票を落ち着いて書けない
問診票の記入スペースが小さい
問診票の項目にはない症状がある
既往歴、アレルギー、予防接種など、通院の度に書くのがめんどう プロフィールに、既往歴、アレルギー、予防接種、希望の薬の形態などを登録できます。メモと一緒に印刷できるので、一度、アプリに登録しておけば、通院の度に書く必要がありません
便や発疹の色や状態を言葉で表現するのがむずかしい 写真を撮ってメモできるから、そのまま医師に見せられます
診察時に症状が出ない 症状が出た時に写真を撮っておくと、診察時に出ていない症状でも医師に見せることができます。
メモ一覧を日時順に印刷するので、家庭での経過がよくわかります
受診時に聞こうと思っていた質問を、つい忘れてしまう 医師への質問や要望(鼻吸引、治癒証明、検査など)を記録・印刷しておくと忘れません
小児科に行くのをパパにお願いしたら「そんなのむり!」と断られた。家庭での様子をうまく説明できなかった 看護する人と病院に連れて行く人が別でも大丈夫!
ママが、こどもの家庭での様子、投薬、受診などの情報を記録し、家庭のプリンタで印刷。パパは、病院で紙を提出することで、医師に症状を伝えられます。
かかりつけ医以外を受診したとき、病気や治療の経緯をうまく伝えられない。同じ検査を2度やった。 記録ノートを印刷して見せることで、病気の経緯や検査済み項目などを医師に正しく伝えられます。
看病するときに見るべきポイントがわからない 「病気メモ」では、基本的な症状については、ボタンで選択するだけで症状の記録ができます。こどもの病気のチェックポイントがわかります。
夜間に高熱が出るが、昼間は下がって平気そうにしている 検温結果を記録しておくと、体温グラフを自動作成します。解熱剤使用の有無もメモできます
体温グラフを自分で作るのがめんどう
 兄弟同時に体調不良のとき、てんてこ舞いになる  こども一人ずつに、症状、投薬、受診などのメモができます。5人まで登録できます。
薬の服用も、1人ずつ管理できます。
検温するのをうっかり忘れてしまう 検温、投薬、通院時間にアラームを設定できるので安心です
いつ、どんな症状だったか思い出せない 病気の発症~完治までを1冊の記録ノートに記録します。記録ノートリストから、見たい記録に簡単にアクセス!
予防接種時に1か月以内の病気や発熱を調べるのにも役立ちます