どんなことをメモできるの?


「病気メモ」では、次のことがメモできます。

こどもの症状
(熱、けいれん、嘔吐、下痢、せき、鼻水、便秘、吐き気、痛み、肌、目など)

こどもの様子
(食欲、水分補給、機嫌、睡眠など)

飲食・薬の服用記録

受診記録、医師への質問や要望

写真

 

基本は、選択肢から選んでタップするだけ。詳しく入力したり、写真を撮ってメモすることもできます。

メモタイプごとに、記録できる項目 [選択肢]、記録方法を表にしました。

 

症状

【日時を指定してメモする症状】

メモタイプ 記録できること
体温、解熱剤使用の有無、メモ、画像
けいれん 熱の有無、メモ、画像
嘔吐(おうと) メモ、画像
下痢(げり) 形 [軟便、泥状便、水様便]、色 [黄色または茶色、白っぽい、黒い、赤い所がある、その他]、におい、メモ、画像

※メモの記録方法:「メモ」画面の「メモをとる」ボタンをタップ→日時選択→メモタイプ選択→各メモタイプ画面でメモを記録

 

【1日を通しての症状】

項目 記録できること
せき 頻度、タイプ [ゴホゴホ(湿性)、コンコン(乾性)]、痰(たん)、せきに伴う症状 [ぜーぜー、嘔吐、夜間の咳込み、その他]
鼻の症状 鼻水の色 [透明、白、黄、緑]、鼻水のタイプ [さらさら、ねばねば]、鼻づまり
便秘 便秘の有無
吐き気 吐き気の有無や程度
痛み 痛む部位 [頭、腹、のど、右耳、左耳、その他]
肌の症状 症状 [ぶつぶつ、赤み、乾燥、その他]、部位 [頭、顔、手、足、胸、腹、背中、おしり、その他]、かゆみ
目の症状 症状 [充血、かゆみ、目やに]

※メモの記録方法:「1日まとめ」画面で日にちを選択し、1日を通しての症状を記録します。

 
1日を通してのこどもの様子

項目 記録できること
症状の変化
[良くなっている、変化なし、悪くなっている、その他]
食欲 [普通、少し、なし]
水分補給 [とれた、とれない]
機嫌 [良い、普通、悪い、ぐったり]
睡眠 [多い、普通、少ない、寝てない]

※メモの記録方法:「1日まとめ」画面で日にちを選択し、1日を通しての症状を記録します。

 

 

飲食・薬

飲食や薬の服用記録をメモできます。

メモタイプ 記録できること
飲食 食べたもの、飲んだもの、メモ、画像
投薬(処方薬・定時)*1 服用したか、メモ、画像
投薬(処方薬・頓服)*2 薬品タイプ [熱冷まし、痛み止め、咳止め、吐き止め、その他]、薬品名、メモ、画像
投薬(市販薬)*3 薬品名、メモ、画像

*1) 処方薬とは、医師の診断をもとに出された薬のことです。投薬(処方薬・定時)には、食前・食間・食後・就寝前など、決まった時間に飲む薬の服用記録をメモします
*2) 投薬(処方薬・頓服)(とんぷく)には、服用する時間が決められておらず、何か症状が出た時に症状を抑えるために飲む薬の服用記録をメモします。例えば、熱冷まし、痛み止め、咳止めなど
*3) 投薬(市販薬)には、医師の診断に関わらず、薬局やドラッグストアなどで自分で購入した薬の服用記録をメモします。

※メモの記録方法:「メモ」画面の「メモをとる」ボタンをタップ→日時選択→メモタイプ選択→各メモタイプ画面でメモを記録

 

 

病院

メモタイプ 記録できること
受診記録 病院名、メモ、画像
検査済項目 検査内容、検査結果、メモ、画像
先生への質問・要望 質問、要望 [鼻吸引、治癒証明、検査、薬]、メモ、画像

※メモの記録方法:「メモ」画面の「メモをとる」ボタンをタップ→日時選択→メモタイプ選択→各メモタイプ画面でメモを記録

 

 

その他

気になる様子、経過、怪我や発作などに。写真だけメモしたい時にも。

メモタイプ 記録できること
その他メモ メモ、画像

※メモの記録方法:「メモ」画面の「メモをとる」ボタンをタップ→日時選択→メモタイプ選択→各メモタイプ画面でメモを記録